外国語を勉強するということ

英国

英語と中国語は一見すると全く違うものだと思われる方が多いです。
しかしそんなことはありません。
この二つの語学を学ぶことにおいて重要な点があります。
両者の共通点は、文法の決まり事が非常に似ているということです。
日本語で、私はペンを持っている。
という文を英訳すると、御存知の通りI have a pen.になります。
これを中国語に変換すると、我有一筆となります。
ここでの共通点は、主語、述語、目的語の位置が一致するということです。
I have a pen. も我有一筆も「わたし」「もっている」「ひとつの」「ふで」という意味を表しています。
ですから、英語を習得している方は、中国語の文法もほとんど理解しているということになります。
英語は国際語として、ビジネスなどの様々な場で用いられます。
日本に住んでいる時でも、外国からの旅行者から道を聞かれたりする際に、どの言語を使えば良いのか分からずにあわててしまう時があります。
しかしそんな時でも、いろいろな国で公用語とされていたり、義務教育中の必修科目として取り入れられている英語は通じてしまいます。
おとなりの中国や韓国からの旅行者とも、これを使ってコンタクトを取ることが可能です。
学んでいて本当に損がありません。
また、大手の企業でも日本の中に本社があるのに社内の公用語を英語としている会社もあります。
このようにこれから日本が世界とつながっていく中でこの語学は必須になって行くと考えられます。
現代社会では、これを本格的に学び始めるのは中学生からとされています。
小学生の間ではまだ語学として認識されておらず、来校するALTの方と週に一度だけ授業があるといったくらいです。
しかしそれではしっかりとしたものを身につけることは難しいです。
現在の学生は、書けるけど話すことができないといった人が非常に多いです。
これを防ぐためにも、日本は小学生のうちから英語を必修科目として取り組ませる必要があると言えます。

オススメリンク

費用について

日本人がもし語学の勉強をしようとする時にはかなりの金がかかってくるされている。
なぜなら、最近では大人のための言語の教室などが増えている現状にあるからだ。
自分も仕事で使うからや、まったくの趣味で言語を習いたい人もいる...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031